三重大学は,2009年8月21日ユネスコスクールとして認定され,大学全体でユネスコ活動を推進しています。

ユネスコスクールは,1953年,ASPnet(Associated Schools Project Network)として,ユネスコ憲章に示された理念を学校現場で実践するため,国際理解教育の実験的な試みを比較研究し,その調整をはかる共同体として発足しました。設立された当時,15加盟国33機関であった加盟校は,現在182か国で約11,500校以上に増加しています。日本は現在(2019.11)1,120校の幼稚園,小・中・高等学校及び大学が加盟しています。

≪ ユネスコスクール委員会委員の取り組み紹介
 ≪ 2022年度(令和4年度)のお知らせ ≫
 ・2022年度第1回ユネスコスクール委員会(7/29)を開催しました。
 ・2021年度の三重大学ユネスコスクール活動および支援活動について、自己評価シートを作成しました。
 ◆今後の予定として、次の活動が挙げられる。
  令和4年 6月「第16マネジメント全国学生大会」開催
      7月「日韓環境・SDGsフォーラムin三重」開催
      10月「トヨタ・ソーシャル・フェス2022」開催
      11月「国連気候変動枠組条約第27回締約会議(COP27)参加および報告会開催
      12月「日本サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-NetJAPAN)2022年次大会」開催
  令和5年 1月「三重大学熊野古道ユネスコ世界遺産ツアー」開催
      2月「三重大学・三重県ユネスコスクール研究会2022」開催 

 年度別アーカイブ              
 ▶2021年度(令和3年度)     ■令和3年度の活動評価
 ▶2020年度(令和2年度)      令和4年3月8日に開催した「第3回三重大学ユネスコスクール委員会」において、令和3年度の活動計画の実施
 ▶2019年度(令和元年度)     計画を審議した。
 ▶2018年度(平成30年度)          
 ▶2017年度(平成29年度)     評価結果:すべての活動が計画通り実施がなされ結果も得られた。
 ▶2016年度(平成28年度)
 ▶2015年度(平成27年度)     令和4年度は、令和3年度の活動に加えて、学生の参加、国際交流、四日市公害な度の活動を盛り込んだ計画を
 ▶2014年度(平成26年度)     策定した。
 ▶2013年度(平成25年度)     この評価手法は、三重大学が全学で取り組む、環境・SDGsマネジメントシステムの評価を活用し評価を行った。         
 ▶2012年度(平成24年度)
 ▶2011年度(平成23年度)
 ▶2010年度(平成22年度)

三重大学ユネスコスクール研修会/シンポジウム資料集

  

   

ユネスコスクール公式WEBサイトは,こちら